2008年04月05日

linux : 起動時に外付けHDDを認識させる

Fedora Core 6 のマシンを起動するときに、USBの外付けHDDをマウントする必要性が出てきた。

ディスクを起動時にマウントするには、/etc/fstab に
/dev/sda1 /mnt/usb ext3 defaults 0 0

と書けばいいのだが、これだけではだめ。
起動直後は、usb-storage というモジュールが読み込まれていないのである。だからシステムは /dev/sda1 を認識していない。
これを読み込むには、/etc/rc.d/rc.localなどに、
modprobe usb-storage
なんて書いておいてもいい。
だが、それだともう一度 mount -a などとしなければならない。

そこで、initrd ファイルを書き換えた。

まず、/boot/initrd ディレクトリ以下にinitrdイメージを展開。
# cd /boot
# mkdir initrd
# cd initrd
# zcat ../initrd-2.6.18-1.2798.fc6.img | cpio -i -c

展開されたファイルの中に init というファイルがある。
この中では必要なモジュールを次々と読み込んでいる箇所がある。
その最後に、
echo "Loading usb-storage.ko module"
insmod /lib/usb-storage.ko
と挿入。
もちろん ./lib ディレクトリには、usb-storage.koをコピーしておく。これは /lib/modules 以下から探してきた。

これをまた、initrdのイメージファイルにする。
# cd /boot/initrd
# find . | cpio --quiet -c -o | gzip -c > ../initrd-2.6.18.org.img

最後に、/boot/grub/grub.conf の、initrd コマンドに、ここで作成したファイル名を指定して再起動。



posted by sjoe at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2008年03月27日

samba とか Active Directory とか

Fedora Core 6で動いているsamba に、Vista マシンからアクセスできなくなった。Xp や Windows 2000 からならアクセスできるのだが、Vista だとだめなのである。

 うちには Windows 2000 Server も稼働していて、Active Directory を構成している。
fc6 の samba はこのWindows 2000 Server でユーザー認証してもらえるように、smb.conf の中で

Security = Domain

と設定していた。今まではこれでうまくいっていたのだが、何かのタイミングで突然アクセスできなくなったわけである。
あれこれとネットをさまよった情報によると、

Security = ADS

にしておけとのこと。
ちゃんとActive Directory に参加しろということなのである。
実際にそのようにしてみたら、Vistaからでもアクセスできるようになった。とりあえずよかった。

sambaをActive Directory に参加させるには、
こんなところこんなところを参考にした。
posted by sjoe at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2008年03月23日

Windows Vista のファイルの仮想化について

Vista はユーザーがシステムフォルダを書き換えてしまうのを防ぐために、ファイルを仮想化している。
 つまり、アプリケーションを使用中に、c:\windows や c:\Program Files 以下のフォルダに書き込みが発生すると、実際にはそこには書き込まず、別のフォルダに書き込んで、それでつじつまが合うようにする仕組みが、ファイルの仮想化だ。

実際どこに書き込まれているのかをメモしておこう。

C:\Users\User_name\AppData\Local\VirtualStore

である。メモしておくとあとで役に立つだろう。
同様にレジストリも同じような仕組みで保護されている。レジストリの実際の場所は以下の通り。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\VirtualStore

参考 http://support.microsoft.com/kb/927387/ja
posted by sjoe at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Vista

2008年03月20日

Firefox、ショートカットダブルクリックでエラー

Windows Vista で、Firefox を既定のプログラムに設定しているとエラーがでる時がある。
URLのショートカットファイルを開こうとすると「〜が見つかりません。名前を正しく入力したかどうかを確認してから、やり直してください。」と鬱陶しい。そのくせちゃんとページは開くんだなあ。

これ、FAQなんですねえ。
http://firefox.geckodev.org/?FAQ#feacd0d0

でもvistaでの解決策はここには書いてありません。
レジストリエディタで以下のキーを削除することで解決。

HKEY_CLASSES_ROOT\HTTP\shell\open\ddeexec
HKEY_CLASSES_ROOT\HTTPS\shell\open\ddeexec
HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxURL\shell\open\ddeexec
HKEY_CLASSES_ROOT\FirefoxHTML\shell\open\ddeexec

乱暴な気がしますが。

参考URL:
http://d.hatena.ne.jp/shiten/20080102/1199250928
posted by sjoe at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Vista

2008年03月09日

RAID 死す

これまで、3台のSATA HDD で RAID 0 ボリューム(チップはIntel ICH7R)を作成し、Windows Xp と Vista をデュアルブートで運用していましたが、突然、HDDの一台がbiosレベルでエラーとなりました。
ケーブルの問題か?などといろいろ試行錯誤しましたが、どうしても問題の一台だけはエラーは解消されません。
これはもうHDDの交換しかありません。泣く泣くRAID 0をいったん崩し、バックアップからリストアしました。
しかし、バックアップが3ヶ月前と、ちょっと古いものだったため、少々のデータは失われてしまいました。重要なデータはネットワークドライブに保存してあったので、たいした損害ではありませんがちょっと残念。やはりバックアップは重要。
これまでは、速度を優先にして RAID 0 にしていましたが、今度はRAID 5 にしました。やっぱりいざというときにすぐ復活できる方がいいですから。

さて、その問題のHDDですが、特に異音があるわけでもなく、ちゃんとディスクも回っています。試しに JMicron 製のチップにつながるSATAポートに接続してみたら、なんとちゃんと認識されます。Vistaを起動し、フォーマットしてみましたが、何の問題もなし。
ちゃんとシングルのHDDとして動いてます。
なんでなんだ。

で、もう一度、Intel側のSATAポートにつないだら、今度はbiosがハングアップ。

というわけで、問題のSATA HDDは Intel では動かないが、JMicronでは動く、という妙な状態になったというわけです。
もっとも、JMicron の方は bios の設定でIDE互換モードになってますので、IDE互換モードなら動く、ということなのかもしれません。
posted by sjoe at 12:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月11日

firefox その後

firefox の突然クラッシュは、やはりアドオンのせいみたいです。
firefox -safe-mode で起動したときは、クラッシュしないようなので。
今、とりあえず一度全部アドオンを無効にして、一つずつ有効にしながら、クラッシュしないかどうか検証中であります。

あ、ちなみにOSはWindows Xp です。
posted by sjoe at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月07日

firefox やっぱ駄目

firefox の突然クラッシュ問題ですが、バージョン 2.0.0.11 でも発生します。

約一年前の情報ですが、GoogleツールバーのPageRank機能があやしい、なんてのがあるんで、とりあえずPageRankを非表示にしてみました。
posted by sjoe at 08:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月01日

firefox 2.0.0.10

firefox 2.0.0.10 がすぐ落ちる。
どこかのリンクをクリックしたときに落ちることが多いが、それが特定できない。あるいはフォームに書き込みした時とか。いろいろ。

なので、一度アンインストールして、もう一度再インストールしたのが昨日の話。
そしたら調子が良くなったようで、今の所クラッシュしていない。そうこうしているうちに、もう新しいのが公開されて、2.0.0.11になったので、早速バージョンアップしてしまった。

やはり以前のような頻繁なクラッシュはない。このバージョンアップと以前のクラッシュが関連性があるのかどうかはわからないが、何はともあれ結果オーライ。

ついでに、firefoxをアンインストールしても、拡張機能やブックマーク、履歴などは削除されないこともわかったし。
posted by sjoe at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月30日

普段使っている firefox の拡張機能

firefox の調子が悪いので、再インストールでもしてみようかな。
ってことで、普段使っているアドオンの入手元をメモっておこうっと。

googleツールバー

googleノートブック

ScrapBook
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/427

Gspace
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1593

Tab Mix Plus
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1122

All-in-One Sidebar
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1027

巻き戻し/早送りボタン
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1934

IE Tab
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1419

Image Toolbar
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/243

Irvine用コンテキストメニュー拡張
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/558


と、メモをとっておいたけど、firefox をアンインストールして再インストールしても、拡張機能は自然に復活しました。
posted by sjoe at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月29日

玄箱 にamanda

玄箱のデータを、amandaサーバーでバックアップするために、玄箱にamanda を導入。なお玄箱はdebian化などはしていない。
http://www.amanda.org/ からamandaのtarボールを取ってくる。
それを、玄箱にコピー。
 私の場合は、あらかじめ、amanda ユーザーを作成しておき、amandaユーザー、disk グループで、amandaのクライアントサービスが動くようにした。amandaユーザーの詳細はfedora core に合わせた。
その他、fedora core の設定を参考にしつつ、以下の様なコマンドでコンパイル&インストール。
まず、玄箱にtelnetやsshでログオンする。
su - amanda
tar zxvf amanda*.tar.gz
cd amanda*
./configure --with-user=amanda --with-group=disk --without-server --with-gnutar-listdir=/var/lib/amanda/gnutar-lists --with-amandahosts --with-tmpdir=/var/log/amanda --sysconfdir=/etc --without-ipv6
make
su
make install

この設定はクライアントサービスのみをコンパイルする場合のもの。2.5.2p1では、--with-amandahosts オプションはなくなったようだが、コマンドは通った。
詳しいオプションは、
./configure --help 参照。

posted by sjoe at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux