2016年08月29日

VMware ESXi 5.5 でHDD増設のメモ

VMware ESXi 5.5 でHDD増設のメモ 2016/8/29

物理的にHDDを増設したら、物理マシンを起動。
vSphere Client でクライアントマシンから接続。
datastore1を拡張する。

仮想マシンの設定で、HDDのサイズを変更する。
増設するHDDのサイズが大きい時は、仮想マシンはシャットダウンしておかなきゃならない
小さい場合は稼働中に変更できる。
100G を 200G に増やすのはできたが、1.5T を2.5T に増やそうとしたら、それは拒否された。

仮想マシンを起動。

◎仮想マシンがWindows Server の場合。
コンピュータの管理を開き、ディスクの管理。
Cドライブの拡張をすれば、GUIで簡単。

◎仮想マシンがCnetOS 7 の場合。
1. HDDのパーティションをつくる。
/dev/sdaの容量が大きくなったので、その分が空き領域になっている。

fdisk /dev/sda

で、拡張された部分のパーティションを作る。
今回は /dev/sda3 を作成。System id を 8e (Linux LVM)にするのを忘れずに。
その後、
partprobe を実行。

2. LVMでの操作
pvcreate /dev/sda3
vgextend centos /dev/sda3
lvextend -L +50G /dev/centos/home
lvextend -l +100%FREE /dev/centos/smbshare
これでlv が大きくなった。

3. ファイルシステムを拡張する。
ファイルシステムは XFS なので、
xfs_growfs /home
xfs_growfs /smbshare

このコマンドは一瞬でおわる。ホントにやったのか?ってくらい。
それこそテキストを表示する時間ぐらいしかかかってないんじゃないの?ってくらい。
df で確認すると、確かに増えてる。
posted by sjoe at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月07日

ゆうちょダイレクトのログイン時のエラー

ゆうちょダイレクト便利です。
ゆうちょの口座のインターネットバンクシステムです。
ゆうちょ同士の振込手数料が、月5回までなら無料だし。
結構重宝してます。

しかし最近このゆうちょダイレクト、ログインの時に必ず一回は失敗するようになった。

まず「お客様番号」を入力して「次へ」をクリックした後に、
##################
「お客さま番号」の桁数は4桁−4桁−5桁(半角)です。
お確かめの上、もう一度ご入力ください。
##################

というメッセージがでて、もう一度お客様番号を入力させられることになる。
もちろん「お客さま番号」は桁数どころか、なにも間違っていない。
そしてもう一度入力してみると、今度は先に進めてちゃんとログインできる。
なにこれ、フィッシング詐欺?
かと思うような動きだが、パスワードは入力していない時点でこんな動きになるので、
詐欺の手口としては意味がない。

サポートに電話して聞いてみたが、なかなか事態は改善されない。
でもサポートとのやりとりの中にウィルス対策ソフトとの相性があるような話があった。
僕が使っている「avast!無料アンチウィルス」は相性が悪いんだって。

なるほど。
じゃあ、やってみようということで、avast!の機能を一時的に無効にしてみたら
あっさりログインできました。

そういうことで、
ゆうちょダイレクトにアクセスするときは
avast! というアンチウィルスソフトを無効にしておこう。と言う話。
posted by sjoe at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月06日

NVR500

うちにヤマハのルータ NVR500 というのがある。
NTTのBフレッツに接続してしばらくたつと、通信ができなくなる問題がでてしまい、
しばらく使ってなかった。ネットにはmtuの値を変えるといいとかって情報もあったのだが、問題は解決できなかったのである。

ふと思い立って、つい先ほど、NVR500のリビジョンを最新版にしてみた。Rev.11.00.20 という奴である。
これがなんだか調子がよい。リビジョンアップ後、数時間使ってみたが、今のところ問題なし。

posted by sjoe at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月06日

DVDの自動再生のトラブル

随分前から悩んでいた。もう半年、いや一年以上か?

★トラブル1
Windows 7マシンにDVDを入れても自動的に再生が始まらないのだ。
DVDを挿入するとちゃんとアイコンは変わる。でもそれだけなのだ。

★トラブル2
DVDアイコンをダブルクリックしてみる。

「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連付けられていません。 プログラムをインストールするか、既にプログラムがインストールされている場合は コントロールパネルの[既定のプログラム]でプログラムを関連付けてください」

なんだこれ。関連づけ?

いろいろググった。なかなか解決しない。

このほどようやくトラブル2について解決した。

http://pcclick.seesaa.net/article/235794509.html

ここに答えが書いてあった。
レジストリを修正しなければならないのだった。


<要約>

レジストリエディタを起動
HKY_CLASSES_ROOT\DVD\Shell\Play\command というキーの(規定)の値を次のように設定する。

32ビット版の場合
"C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe" /prefetch:4 /device:DVD "%L"

64ビット版の場合
"C:\Program Files(x86)\Windows Media Player\wmplayer.exe" /prefetch:4 /device:DVD "%L"

元のページでは、%ProgramFiles(x86)% という環境変数を使用する方法も書いてあるが、
うちの場合はそれだと別のエラーが出てしまう。絶対パスが確実。

しかしまだトラブル1は解決していない。
つまり自動再生はできない。
posted by sjoe at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月21日

SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新(KB970892)の失敗

Windows Update で、SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラム (KB970892) が必ず失敗する場合は、おそらく、SQL Server が停止している筈だ。

更新を成功させるには、SQL Serverを開始してあげればよい。

http://okwave.jp/qa5367956.html に詳しく書いてあるが、

簡単にまとめれば、

SQL Server 構成マネージャを開き、SQL Server (SQLEXPRESS) を「実行中」にする。

次に、再度Windows Update を適用。

ということだ。
適用後、もしもSQL Server を使用していないなら、SQL Server を停止させてもよい。

しかし、そもそも使ってないんだから、アップデートなんかする必要もないけどな。

ただ、「更新が失敗した」というメッセージが五月蠅いので、これをなくす為にやるだけのこと。

そのうち使うかも知れないので、アップデートしておいても損するわけではないが。


posted by sjoe at 21:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2009年09月21日

VMWare に NT4.0

 仕事場で使っている所内サーバーが、未だにWindows NT 4.0 Server だったりする。そのサーバーで、データベースやWEBのサービスを提供している。いわゆるイントラネットってやつだ。(そういや最近イントラネットって言葉、聞きませんね)

 自宅でこのサーバーのWEBアプリのメンテナンスをするために、うちにもNT4 Server の環境を作ってみた。もちろん実機ではもったいないので、無料のVMWare Player(http://www.vmware.com/jp/products/player/)をつかうことにした。
 VistaマシンにVMWare Player 2.5 をインストールし、その中に仮想マシンとしてWindows NT4.0を入れよう、というわけだ。仮想マシンは、http://www.easyvmx.com/で作成できる。
 
 で、あとは普通にNT 4.0 Server をインストールするんだけど、ああ、なんか古いOSってめんどくさい。フロッピー必須なんだなあ。しかもなに、最初にDOSの起動ディスクで立ち上げて、HDDをフォーマット?そうだっけか。もう頭の中はすっかり「インストールCDで起動」がデフォなんで、すっかり忘れてたよ。
 ああ、そうだっけ、インストール時のHDDは4G以下のパーティションじゃないと駄目だったなあ。なんていう、当時は常識だったインストールの感覚を取り戻すまで、いろいろ無駄な時間がかかったけど、なんとかインストールが終わった。

 で、VGAのドライバをインストールしなきゃなあ、ってあれ?
どこにあるんだろ。通常、VMWare tools にドライバなんかは入っていますが、VMWare Server 2.0 に付いてくる、windows.isoはWindows2000以降用だそうで。

 よくよく探したら、winPre2k.iso というイメージファイルもVMWare Server 2.0に入ってました。Windows 98 とか NT とかをゲストOSにする場合は、こっちの VMWare tools を使うようです。

 これらのVMWare tools は VMWare Server の他に、VMWare Workstation(評価版)の中も入っています。

 ちなみに、VMWare Server 2.0 (linux版)の場合、
/usr/lib/vmware/isoimages に以下のファイル名で それぞれの環境用のVMWare tools が提供されています。

darwin.iso
freebsd.iso
linux.iso
netware.iso
solaris.iso
winPre2k.iso
windows.iso

 今回はNT 4.0なので、このうちWinPre2k.iso をCDROMとしてマウントすれば、自動的にインストールが始まります。
 これでようやく画面の解像度も変えられます。
posted by sjoe at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年03月06日

firefox と Gmail

firefox で Gmailにアクセスするとき、これまでは素直に開かなかった。
パスワード入力後、通常なら受信箱が開くわけだが、ほぼ真っ白の画面のままになる。
このとき、再読み込みボタンをクリックすると開いたりしてたのだが、ここ最近、それすらもうまくいかなくなっていた。それでも何度かやり直すと最終的には開くので、とりあえず放置していた。

さて、本日 firefoxを 3.0.7 にアップグレードした。
で、Gmailにアクセスする。

あれ、うまく開いた。

他のPCでも確認してみたら、やはり3.0.6ではうまく開かず、firefox 3.0.7 ならばうまくいくようだ。

firefox の問題だったのですね。
posted by sjoe at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月26日

Windows 7 のバージョン番号

Windows Vista のバージョン番号は 6.0
これはOSに問い合わせると答えてくれる番号です。

それなら、Windows 7 ベータ のバージョン番号は7.0 ?
と思ったら、 6.1 でした。

製品版では変わるんでしょうか。

別にどーでもいい話題でした。
posted by sjoe at 02:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年02月16日

VMware Player を Vista にインストールしてみた。

表題通り、VMware Player 2.5.1 を Windows Vista にインストールしてみたが、すんなりインストールできなかったので、ここの記事にすることにした。

インストール中に、こんなエラーがでるのだ。

エラー 1406。値 InstallPath をキー \Software\VMware, Inc\VMWare Converter Hosted に書き込めませんでした。そのキーへの十分なアクセス権を持っていることを確認するか、サポート担当者へお問い合わせください。

画像を見た方が早いかも。

このエラーが出ると、再試行や無視をしてもまた同じエラーが出るので、インストールを中止するしかない。中止をクリックすると、おもしろいことにインストールがロールバックされるようなアニメーションがでて、何もなかったことになる、らしい。(ホントか?)

ともかくエラーの原因は、レジストリへのアクセス権がないことらしい。regedit で開いてみると確かにこのキーには書き込めなくなっているようだ。しかし今は管理者権限でログオンしている。アクセス権がないといわれてもどぅしようもない。

それならば、と、今度はインストーラを管理者の権限で実行してみる。結果は同じ。

ははあん。さては、ユーザーアカウント制御(UAC)のせいだな、と思って UAC を無効にしようと思って確認したら、すでにUACは無効になっていた。(ちなみにこれは コントロールパネルの検索欄に UACと打つとわりとすぐに確認できる。)

おかしい。邪魔しているやつは何もないはずなのに。
と思いつつも UAC を有効化してみた。なに?再起動か。ああ、やだな、と思いながらVistaを再起動。起動するまでしばし待つ。そして VMWare のインストーラを起動してと....

あれ、今度はうまくいった。UACを有効化したらちゃんとインストールできたよ。

うーん。今一納得いかない。
ただ再起動が必要だっただけかもしれませんが、とりあえず、同じ問題で悩んでいる人がいたら、参考にしてください。

ちなみに VMware Server 2.0のWindows版でも同じようなエラーがでたことがあります。その時はインストールをあきらめちゃったけど、もしかしたらVistaを再起動してたらインストールできたかもしれないなあ。
posted by sjoe at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年10月19日

フォントにリンクされた外字が印刷できない。

 Windows で、フォントにリンクされた外字が、画面上では表示されているけれども、印刷ができない場合がある。それは大抵プリンタドライバの設定で、True Type フォントをどのように印刷するかを指定してあげる必要がある。

 うちの場合、プリンタはオフィス向け複合機、Ricoh Imagio MP C2500。これも設定が必要。
http://www.ricoh.co.jp/support/faq/imagio/IM08056.html
ここに設定方法が書いてある。
 キーワード。
 「印刷品質」「ユーザー設定」「イメージデータに変換して印刷する」

 まあしかし、外字をフォント毎にリンクさせていなければあまり問題にならないかも。
posted by sjoe at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月20日

Adobe InDesign CS3:オブジェクトの拡大・縮小時の比率表示

Adobe InDesign CS3 で図形などのオブジェクトを拡大・縮小する方法にはいくつかあるが、僕が多用するのは、100% を 125% にというように数値で指定する方法。

しかし、インストールしたままだと、たとえば125%に拡大したあと、その後の表示がまた100%になってしまう。図形はたしかに拡大されるが、表示は100%と表示されてしまうのである。

これではその図形のオリジナルサイズがどれほどなのかわからなくなってしまい不便だ。これを拡大したなりのパーセンテージで表示させるには以下の環境設定が必要である。




メニューから 編集 - 環境設定 - 一般 と選ぶと上のダイアログが出てくる。ここで「拡大 / 縮小率を調整」のラジオボタンをオンにする。

これで、図形がどのくらいの比率で拡大・縮小されているのか一目瞭然になる。

InDesign は初期バージョンから使っているが、バージョンアップの度にこの設定がクリアされてしまい、その都度ヘルプで調べていた。他のバージョンでも同じようなものだろう。
しかし、このダイアログの日本語、非常にわかりづらいですな。
posted by sjoe at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月06日

どこでも AjaxIME

 以前、日本語入力環境がないPCでも、ブラウザ上で日本語入力ができる、AjaxIMEを紹介しました。

 いつの間にかバージョンアップして、全てのWeb上フォールで、このAjax IME が使えるようになっています。

 まず、AjaxIMEにアクセスして、下の方の説明部分の、[Ajax IME]をブックマーク登録する。
 AjaxIME経由で入力したいフォームページを開いて、ブックマークしたリンクにアクセスします。
 数秒後にフォームが水色になれば成功。

これ、スゴイや。こんなことできるんだなあ。と感動しました。

 この方法を使えば、この記事へのコメント欄でもちゃんとAjaxIMEが使えますよ。

[Ajax IME] ←これを右クリックしてブックマーク登録する。
でもいいみたいです。
posted by sjoe at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2008年03月09日

RAID 死す

これまで、3台のSATA HDD で RAID 0 ボリューム(チップはIntel ICH7R)を作成し、Windows Xp と Vista をデュアルブートで運用していましたが、突然、HDDの一台がbiosレベルでエラーとなりました。
ケーブルの問題か?などといろいろ試行錯誤しましたが、どうしても問題の一台だけはエラーは解消されません。
これはもうHDDの交換しかありません。泣く泣くRAID 0をいったん崩し、バックアップからリストアしました。
しかし、バックアップが3ヶ月前と、ちょっと古いものだったため、少々のデータは失われてしまいました。重要なデータはネットワークドライブに保存してあったので、たいした損害ではありませんがちょっと残念。やはりバックアップは重要。
これまでは、速度を優先にして RAID 0 にしていましたが、今度はRAID 5 にしました。やっぱりいざというときにすぐ復活できる方がいいですから。

さて、その問題のHDDですが、特に異音があるわけでもなく、ちゃんとディスクも回っています。試しに JMicron 製のチップにつながるSATAポートに接続してみたら、なんとちゃんと認識されます。Vistaを起動し、フォーマットしてみましたが、何の問題もなし。
ちゃんとシングルのHDDとして動いてます。
なんでなんだ。

で、もう一度、Intel側のSATAポートにつないだら、今度はbiosがハングアップ。

というわけで、問題のSATA HDDは Intel では動かないが、JMicronでは動く、という妙な状態になったというわけです。
もっとも、JMicron の方は bios の設定でIDE互換モードになってますので、IDE互換モードなら動く、ということなのかもしれません。
posted by sjoe at 12:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月11日

firefox その後

firefox の突然クラッシュは、やはりアドオンのせいみたいです。
firefox -safe-mode で起動したときは、クラッシュしないようなので。
今、とりあえず一度全部アドオンを無効にして、一つずつ有効にしながら、クラッシュしないかどうか検証中であります。

あ、ちなみにOSはWindows Xp です。
posted by sjoe at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月07日

firefox やっぱ駄目

firefox の突然クラッシュ問題ですが、バージョン 2.0.0.11 でも発生します。

約一年前の情報ですが、GoogleツールバーのPageRank機能があやしい、なんてのがあるんで、とりあえずPageRankを非表示にしてみました。
posted by sjoe at 08:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月01日

firefox 2.0.0.10

firefox 2.0.0.10 がすぐ落ちる。
どこかのリンクをクリックしたときに落ちることが多いが、それが特定できない。あるいはフォームに書き込みした時とか。いろいろ。

なので、一度アンインストールして、もう一度再インストールしたのが昨日の話。
そしたら調子が良くなったようで、今の所クラッシュしていない。そうこうしているうちに、もう新しいのが公開されて、2.0.0.11になったので、早速バージョンアップしてしまった。

やはり以前のような頻繁なクラッシュはない。このバージョンアップと以前のクラッシュが関連性があるのかどうかはわからないが、何はともあれ結果オーライ。

ついでに、firefoxをアンインストールしても、拡張機能やブックマーク、履歴などは削除されないこともわかったし。
posted by sjoe at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月30日

普段使っている firefox の拡張機能

firefox の調子が悪いので、再インストールでもしてみようかな。
ってことで、普段使っているアドオンの入手元をメモっておこうっと。

googleツールバー

googleノートブック

ScrapBook
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/427

Gspace
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1593

Tab Mix Plus
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1122

All-in-One Sidebar
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1027

巻き戻し/早送りボタン
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1934

IE Tab
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/1419

Image Toolbar
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/243

Irvine用コンテキストメニュー拡張
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/558


と、メモをとっておいたけど、firefox をアンインストールして再インストールしても、拡張機能は自然に復活しました。
posted by sjoe at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年07月30日

カナ キー ロック 解除 決定版(たぶん)

IME OFF時に、カナキーがロックされてしまうと、元に戻すのが一苦労だ。カナキーロックの解除・設定は、以下のようにキーボードの種類によって操作方法が違う。
ああ、ややこしい。

キーボードカナキー
英語101CTRL + Shift + CapsLock
日本語106CTRL + 英数
日本語106CTRL + Shift + カタカナ.ひらがなキー
IBMCTRL + 漢字+カタカナ
IBMCTRL + カタカナ
AXCTRL + Shift+英数カナ
NECかな

posted by sjoe at 00:15| Comment(14) | TrackBack(1) | 日記

2007年06月19日

数独

 今、「数独」にはまっている。
読み方は「すうどく」。一種のパズルゲームだ。
1 から 9 の数字を簡単なルールの下に、マスの中に埋めていくパズルだ。ルールは単純。でも、脳内を血液が循環しまくる感じ。わかんないときはだんだん眠くなってくるけどね。

 ご存じない方はググって見てほしい。「数独」で検索すればいろいろ出てくる。国外でも人気のようで「sudoku」で検索してもいい。
Wikiが一番分かりやすいかも。

 実際、数独で遊べるサイトもたくさんある。その中でもPCで遊ぶのに一番だと思われるのは、Strictly Sudoku である。
 第一にメモを書き込める。
 第二にマウスだけで操作できる。
 第三に見やすい。
 その全てをカバーしているのはひょっとしたらここだけかも知れない。

 iGoogle のガジェットにもある。これはCount to Nine Sudoku の提供によるものだが、至ってシンプル。画面も見やすい。
 しかし、数字の入力がキーボードだけなのに、矢印キーの動きが少し変なので、結局マウスが必要。どっちかにしてほしいんだよなあ。
 しかしこのサイト、Book Builder という機能があって、数独の問題集を PDF で出力してくれる。しかも解答付き。これがまた結構キレイに印刷できる。紙とえんぴつでやればメモも自由に書けるし、子供に教えながらやるときは、もうこれしかない!
 今まで電車の中でも携帯のiアプリで数独やったりしてたが、これやっちゃうとすぐ電池がなくなってしまう。電車の中でやるなら、やっぱり紙とえんぴつだ!と思っている今日この頃である。
posted by sjoe at 12:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年05月18日

IntelliPoint と Photoshop

 マイクロソフトのマウスを買ったら、IntelliPoint 6.1 というマウスソフトが付属していたのでインストールしました。
 ところが、Photoshop CS で作業をしていると、頻繁に画像がチラチラっとします。最近の仕事内容ではPhotoshopでの作業がとても多いので、このちらつきはとてもうるさく感じます。
 IntelliPoint 6.1 をアンインストールしたら、ちらつきは止まりました。
 Microsoft のダウンロードセンターにはこれより新しいIntelliPointはないみたいですし。

 こりゃあ、IntelliPoint は中止しといたほうがいいなあ。なくてもマウスは動くしね。
posted by sjoe at 19:28| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記