2007年05月10日

yum でバージョンダウンする方法をメモしておこう

今日、linux マシン(Fedora Core 5, FC5) を yum update したところ、
samba が samba-3.0.24-3 から、samba-3.0.24-4 になった。

ところが、このバージョンだと、Windows マシンからアクセスできない共有フォルダが続出する。
なんだかアクセス権限の問題らしいことはわかるんだが、詳しい調査をしている暇がない。手っ取り早く元に戻すことにした。
手順は、samba-3.0.24-4 を削除してから、samba-3.0.24-3 をインストールするってこと。

まず、samba を削除。

yum remove samba*

関連ファイルが全部消えちゃう。後でインストールするために、出力をメモしよう。
次に旧バージョンのsambaをインストール。

yum install samba-3.0.24-3.fc5 samba-client-3.0.24-3.fc5
    samba-common-3.0.24-3.fc5 samba-swat-3.0.24-3.fc5


こんな感じ。
これで元通り、すべての共有フォルダにアクセスできるようになった。

気になるなら、samba を削除したときについでに削除された物たちをインストールしてもよい。

うちの場合は、ついでに削除されたのは以下のファイルたちだ。
control-center
file-roller
gnome-media
gnome-session
gnome-vfs2-smb
gnome-volume-manager
nautilus
nautilus-cd-burner
system-config-samba

gnome とかGUIは使ってないんですけど。って場合はこんなの必要ない。

なお、このままだと、次回に yum update したときに sambaも勝手にアップデートされてしまう。問題が解決されるまでyumでの自動アップデートから samba関連をはずしておく。
/etc/yum.conf に

exclude=samba*


と追加しておけばよい。
posted by sjoe at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3943645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック