2009年11月09日

ブートマネージャの文字化け

Windows Vista や Windows 7 でデュアルブート環境を作っている場合に、ブートマネージャが文字化けしたときは、おそらく、ブートマネージャの設定に、

path \bootmgr

というのが含まれています。bcdedit コマンドで確認しましょう。
OSのインストールディスクで起動してブート環境を自動修復したときは、必ずこのように設定されてしまうようですが、こんなパスは通常存在していません。

これを削除すると、なぜか文字化けが解消されます。
削除するには

bcdedit /deletevalue {bootmgr} path

で OK。
posted by sjoe at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Vista
この記事へのコメント
こちらの内容で解消できました。
有難うございました。
Posted by mulberry69 at 2009年11月21日 12:44
どういたしまして。
お役に立てて光栄です。

ところで、bcdedit を使うときは、
コマンドプロンプトを、「管理者として実行(A)...」する必要があります。

記事に書き忘れたので、追加しておきます。
Posted by sjoe at 2009年11月21日 18:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33533758
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック