2008年11月19日

grubをMBRにインストール

linux システムのハードディスクを換装する時や、パーティション構成を変更した時などは、HDDのMBR領域にgrubをインストールし直す必要がある。
そういう場合、grubそのものはすでにインストールされているわけなので、ただ単にプロンプトから、

# grub

と打ち込むと、grub のプロンプトになる。そこで以下のコマンドを打ち込む。

grub> root (hd0,1)
grub> setup (hd0)
grub> quit

root (hd0,1) はカーネルイメージが入っているパーティションの指定。数値は0から始まるので、上記は 1 台目のHDD の 2 番目のパーティションという意味。

setup (hd0) でMBRにgrub のブートイメージを書き込む。
最後に quit で終了。
posted by sjoe at 18:06| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux
この記事へのコメント
メモ追加:
root (hd0,1) で指定するパーティションは、要するに /boot のこと。
/boot が先頭のパーティションなら、当然
root (hd0,0) になるはず。
RedHat系は大抵はこの設定だと思う。

もちろん、/boot/grub/grub.conf (menu.lstへのシンボリックリンク)は適切に記述する必要あり。
Posted by sjoe at 2008年11月21日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23086561
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック