2009年10月21日

SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新(KB970892)の失敗

Windows Update で、SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラム (KB970892) が必ず失敗する場合は、おそらく、SQL Server が停止している筈だ。

更新を成功させるには、SQL Serverを開始してあげればよい。

http://okwave.jp/qa5367956.html に詳しく書いてあるが、

簡単にまとめれば、

SQL Server 構成マネージャを開き、SQL Server (SQLEXPRESS) を「実行中」にする。

次に、再度Windows Update を適用。

ということだ。
適用後、もしもSQL Server を使用していないなら、SQL Server を停止させてもよい。

しかし、そもそも使ってないんだから、アップデートなんかする必要もないけどな。

ただ、「更新が失敗した」というメッセージが五月蠅いので、これをなくす為にやるだけのこと。

そのうち使うかも知れないので、アップデートしておいても損するわけではないが。


posted by sjoe at 21:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記