2016年08月29日

VMware ESXi 5.5 でHDD増設のメモ

VMware ESXi 5.5 でHDD増設のメモ 2016/8/29

物理的にHDDを増設したら、物理マシンを起動。
vSphere Client でクライアントマシンから接続。
datastore1を拡張する。

仮想マシンの設定で、HDDのサイズを変更する。
増設するHDDのサイズが大きい時は、仮想マシンはシャットダウンしておかなきゃならない
小さい場合は稼働中に変更できる。
100G を 200G に増やすのはできたが、1.5T を2.5T に増やそうとしたら、それは拒否された。

仮想マシンを起動。

◎仮想マシンがWindows Server の場合。
コンピュータの管理を開き、ディスクの管理。
Cドライブの拡張をすれば、GUIで簡単。

◎仮想マシンがCnetOS 7 の場合。
1. HDDのパーティションをつくる。
/dev/sdaの容量が大きくなったので、その分が空き領域になっている。

fdisk /dev/sda

で、拡張された部分のパーティションを作る。
今回は /dev/sda3 を作成。System id を 8e (Linux LVM)にするのを忘れずに。
その後、
partprobe を実行。

2. LVMでの操作
pvcreate /dev/sda3
vgextend centos /dev/sda3
lvextend -L +50G /dev/centos/home
lvextend -l +100%FREE /dev/centos/smbshare
これでlv が大きくなった。

3. ファイルシステムを拡張する。
ファイルシステムは XFS なので、
xfs_growfs /home
xfs_growfs /smbshare

このコマンドは一瞬でおわる。ホントにやったのか?ってくらい。
それこそテキストを表示する時間ぐらいしかかかってないんじゃないの?ってくらい。
df で確認すると、確かに増えてる。
posted by sjoe at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月07日

ゆうちょダイレクトのログイン時のエラー

ゆうちょダイレクト便利です。
ゆうちょの口座のインターネットバンクシステムです。
ゆうちょ同士の振込手数料が、月5回までなら無料だし。
結構重宝してます。

しかし最近このゆうちょダイレクト、ログインの時に必ず一回は失敗するようになった。

まず「お客様番号」を入力して「次へ」をクリックした後に、
##################
「お客さま番号」の桁数は4桁−4桁−5桁(半角)です。
お確かめの上、もう一度ご入力ください。
##################

というメッセージがでて、もう一度お客様番号を入力させられることになる。
もちろん「お客さま番号」は桁数どころか、なにも間違っていない。
そしてもう一度入力してみると、今度は先に進めてちゃんとログインできる。
なにこれ、フィッシング詐欺?
かと思うような動きだが、パスワードは入力していない時点でこんな動きになるので、
詐欺の手口としては意味がない。

サポートに電話して聞いてみたが、なかなか事態は改善されない。
でもサポートとのやりとりの中にウィルス対策ソフトとの相性があるような話があった。
僕が使っている「avast!無料アンチウィルス」は相性が悪いんだって。

なるほど。
じゃあ、やってみようということで、avast!の機能を一時的に無効にしてみたら
あっさりログインできました。

そういうことで、
ゆうちょダイレクトにアクセスするときは
avast! というアンチウィルスソフトを無効にしておこう。と言う話。
posted by sjoe at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年01月06日

NVR500

うちにヤマハのルータ NVR500 というのがある。
NTTのBフレッツに接続してしばらくたつと、通信ができなくなる問題がでてしまい、
しばらく使ってなかった。ネットにはmtuの値を変えるといいとかって情報もあったのだが、問題は解決できなかったのである。

ふと思い立って、つい先ほど、NVR500のリビジョンを最新版にしてみた。Rev.11.00.20 という奴である。
これがなんだか調子がよい。リビジョンアップ後、数時間使ってみたが、今のところ問題なし。

posted by sjoe at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2012年11月06日

DVDの自動再生のトラブル

随分前から悩んでいた。もう半年、いや一年以上か?

★トラブル1
Windows 7マシンにDVDを入れても自動的に再生が始まらないのだ。
DVDを挿入するとちゃんとアイコンは変わる。でもそれだけなのだ。

★トラブル2
DVDアイコンをダブルクリックしてみる。

「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連付けられていません。 プログラムをインストールするか、既にプログラムがインストールされている場合は コントロールパネルの[既定のプログラム]でプログラムを関連付けてください」

なんだこれ。関連づけ?

いろいろググった。なかなか解決しない。

このほどようやくトラブル2について解決した。

http://pcclick.seesaa.net/article/235794509.html

ここに答えが書いてあった。
レジストリを修正しなければならないのだった。


<要約>

レジストリエディタを起動
HKY_CLASSES_ROOT\DVD\Shell\Play\command というキーの(規定)の値を次のように設定する。

32ビット版の場合
"C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exe" /prefetch:4 /device:DVD "%L"

64ビット版の場合
"C:\Program Files(x86)\Windows Media Player\wmplayer.exe" /prefetch:4 /device:DVD "%L"

元のページでは、%ProgramFiles(x86)% という環境変数を使用する方法も書いてあるが、
うちの場合はそれだと別のエラーが出てしまう。絶対パスが確実。

しかしまだトラブル1は解決していない。
つまり自動再生はできない。
posted by sjoe at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年02月26日

intel DP55WB と Cent OS 5.4

Intel のマザーボード DP55WB
CPU は core i5
OS は Cent OS 5.4
 この状態で、うちのサーバーを動かしていたが、どうもネットワークが遅い。Windows マシンから、このサーバーのSamba共有にファイルをコピーなんかすると、ネットワーク全体が遅くなる。
 ファイルコピーに関係ないマシンからでも、インターネットアクセスができなくなる。ファイルコピーが終わると、ネットワークは回復する。「原因不明の通信障害」なんて思っていた。

 しかしわかってみると、話は単純だった。マザーにオンボードのNIC (Intel製)が、CentOS 5.4 付属のドライバでは正常に動かず、それで遅くなっていたのだ。

 このサーバーはDNSサーバーも兼ねているため、サーバーのNICがいっぱいいっぱいになると、DNSも受け付けなくなる。そうすると、他のクライアントマシンがインターネットアクセスするときに名前解決ができずに、まるでネットワーク全体が通信ができなくなってしまったようにみえたのだった。

 サーバーに必要なドライバは e1000e 。これを sourceforge の 最新stable版に変更した。

ダウンロードしたのは e1000e-1.1.2
そしてこれを展開しコンパイル。

tar zxvf e1000e-1.1.2.tar.gz
cd ./e1000e-1.1.2/src
make
make install

でインストールまでできる。

再起動したら、障害はでなくなった。
めでたしめでたし。
posted by sjoe at 14:55| Comment(1) | TrackBack(0) | Linux

2010年02月15日

VMware Server 2.0.2 と Cent OS 5.4 でVMが落ちてしまう件

Cent OS 5.4 に VMware Serverをインストールし、仮想マシンとしてWindows Server 2008 をインストールし運用していると、Windows Server 2008 がいつの間にか落ちていることが続発する。

いろいろ調べてみると、CentOS 5.4 の glibc と VMware Server の相性が良くないらしい。Windows Server 2008だけに限らず、他のOSを起動している時でも落ちてしまう様だ。

対処法は、CentOS 5.3 の glibc を取ってきて、VMware Server 専用にこのライブラリをコピーしておいて使う様にすればよいという。

CentOS 5.3 のライブラリは、
http://mirror.centos.org/centos/5.3/os/x86_64/CentOS/glibc-2.5-34.x86_64.rpm
にあったらしいが、残念ながら現在このファイルはここに存在していない。
CentOS 5.3 のiso イメージを持ってるなら、その中から取り出せばよい。
持ってないなら、
ftp://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/centos/5.3/isos/x86_64/CentOS-5.3-x86_64-bin-DVD.iso
から iso をダウンロードしてマウントし、glibc-2.5-34.x86_64.rpm を取り出すしかない様だ。

(マウントやコピー操作は省略します。私はWindows マシンでやりましたし。)

さて、glibc-2.5-34.x86_64.rpm が手に入ったら、

mkdir /tmp/tmp

などとして新規ディレクトリを作成し、そこにコピーする。
そこで

cd /tmp/tmp
rpm2cpio glibc-2.5-34.x86_64.rpm | cpio -ivd

として、ファイルが展開されたら、次の様にする。

mkdir /usr/lib/vmware/lib/libc.so.6
mv lib64/libc-2.5.so /usr/lib/vmware/lib/libc.so.6/
mv lib64/libc.so.6 /usr/lib/vmware/lib/libc.so.6/

さて、ここからが肝心。
/usr/sbin/vmware-hostd をviなどで開いて、ファイルの最後の方に移動し、

eval exec "$DEBUG_CMD" "$binary" "$@"

という行の前に

export LD_LIBRARY_PATH=/usr/lib/vmware/lib/libc.so.6:$LD_LIBRARY_PATH

を追加する。
そして、vmware-config.pl 実行して、vmwareを再起動する。

これで、VMwareの仮想マシンは落ちなくなった。
半月ぐらい運用しているが、いまのところ問題ない。


なお、/tmp/tmp はもういらないので削除。
rm -rf /tmp/tmp
posted by sjoe at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Linux

2009年11月09日

ブートマネージャの文字化け

Windows Vista や Windows 7 でデュアルブート環境を作っている場合に、ブートマネージャが文字化けしたときは、おそらく、ブートマネージャの設定に、

path \bootmgr

というのが含まれています。bcdedit コマンドで確認しましょう。
OSのインストールディスクで起動してブート環境を自動修復したときは、必ずこのように設定されてしまうようですが、こんなパスは通常存在していません。

これを削除すると、なぜか文字化けが解消されます。
削除するには

bcdedit /deletevalue {bootmgr} path

で OK。
posted by sjoe at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | Vista

2009年10月21日

SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新(KB970892)の失敗

Windows Update で、SQL Server 2005 Service Pack 3 のセキュリティ更新プログラム (KB970892) が必ず失敗する場合は、おそらく、SQL Server が停止している筈だ。

更新を成功させるには、SQL Serverを開始してあげればよい。

http://okwave.jp/qa5367956.html に詳しく書いてあるが、

簡単にまとめれば、

SQL Server 構成マネージャを開き、SQL Server (SQLEXPRESS) を「実行中」にする。

次に、再度Windows Update を適用。

ということだ。
適用後、もしもSQL Server を使用していないなら、SQL Server を停止させてもよい。

しかし、そもそも使ってないんだから、アップデートなんかする必要もないけどな。

ただ、「更新が失敗した」というメッセージが五月蠅いので、これをなくす為にやるだけのこと。

そのうち使うかも知れないので、アップデートしておいても損するわけではないが。


posted by sjoe at 21:52| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記

2009年09月21日

VMWare に NT4.0

 仕事場で使っている所内サーバーが、未だにWindows NT 4.0 Server だったりする。そのサーバーで、データベースやWEBのサービスを提供している。いわゆるイントラネットってやつだ。(そういや最近イントラネットって言葉、聞きませんね)

 自宅でこのサーバーのWEBアプリのメンテナンスをするために、うちにもNT4 Server の環境を作ってみた。もちろん実機ではもったいないので、無料のVMWare Player(http://www.vmware.com/jp/products/player/)をつかうことにした。
 VistaマシンにVMWare Player 2.5 をインストールし、その中に仮想マシンとしてWindows NT4.0を入れよう、というわけだ。仮想マシンは、http://www.easyvmx.com/で作成できる。
 
 で、あとは普通にNT 4.0 Server をインストールするんだけど、ああ、なんか古いOSってめんどくさい。フロッピー必須なんだなあ。しかもなに、最初にDOSの起動ディスクで立ち上げて、HDDをフォーマット?そうだっけか。もう頭の中はすっかり「インストールCDで起動」がデフォなんで、すっかり忘れてたよ。
 ああ、そうだっけ、インストール時のHDDは4G以下のパーティションじゃないと駄目だったなあ。なんていう、当時は常識だったインストールの感覚を取り戻すまで、いろいろ無駄な時間がかかったけど、なんとかインストールが終わった。

 で、VGAのドライバをインストールしなきゃなあ、ってあれ?
どこにあるんだろ。通常、VMWare tools にドライバなんかは入っていますが、VMWare Server 2.0 に付いてくる、windows.isoはWindows2000以降用だそうで。

 よくよく探したら、winPre2k.iso というイメージファイルもVMWare Server 2.0に入ってました。Windows 98 とか NT とかをゲストOSにする場合は、こっちの VMWare tools を使うようです。

 これらのVMWare tools は VMWare Server の他に、VMWare Workstation(評価版)の中も入っています。

 ちなみに、VMWare Server 2.0 (linux版)の場合、
/usr/lib/vmware/isoimages に以下のファイル名で それぞれの環境用のVMWare tools が提供されています。

darwin.iso
freebsd.iso
linux.iso
netware.iso
solaris.iso
winPre2k.iso
windows.iso

 今回はNT 4.0なので、このうちWinPre2k.iso をCDROMとしてマウントすれば、自動的にインストールが始まります。
 これでようやく画面の解像度も変えられます。
posted by sjoe at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月07日

Vista のブートマネージャ

MBR をクリアしてしまい、Vistaが起動できなくなったら、ブートマネージャをインストールすればよい。
以下のように行う。

Vista のインストールディスクで起動。(もしくはシステム修復ディスクでも起動できる)
システムの修復を選び、コマンドプロンプトを起動して、
次のコマンドを実行。

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot

とやる。
Windows 7 でも同じだ。


そういや、Xp の場合は、同じようにコマンドプロンプトを起動して、
fixmbr
fixboot
だったような気がするな。
posted by sjoe at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Vista